宍道湖漁業協同組合|蜆直売所|ヤマトシジミ|島根県松江市

 

宍道湖の魚図鑑

 

ヤツメウナギ、エイ、ウナギ、ニシン、カライワシのなかま

ヤツメウナギ、エイ、ウナギ、ニシン、カライワシのなかま
 

コイ・ナマズのなかま

コイ・ナマズのなかま
 
地方名 ヘラブナ・カワチブナ
 
コイ目 コイ亜目 コイ科 コイ亜科 フナ属

全長15~~40cm

国内外来種

宍道湖には一年中生息する。

他のフナ属に比べ体高が高く鰓耙の数が100以上もある。
 
琵琶湖の特産だが各地に移殖され、全国の平野部の中、下流域、湖、池や沼等に分布域を広げている。県内でも各地で繁殖し、宍道湖や堀川でもよく見かける。
 
産卵期は水温が18~22℃になる4~6月で、大雨で増水した直後の夜明け前が活発。浅い池の岸辺や川の流れのあまりない所の水面に浮いた水草などに水草に乗り上げるようにして1万から15万粒の卵を数回に分けて産み付ける。

卵はほぼ球形の粘着卵で、直径は1mm強。
受精後、6日(水温18~21℃)で孵化する。孵化仔魚は5mm強。
 
1年で10㎝、2年で15㎝位になり、3年で25cm、4年で30cm5~6年で40cmを越え、産卵は2~7年魚の雄と3~10年魚の雌により主に行われる。

子供の頃は水草の多く生えた止水を好み、浮遊動物や付着生物を食う。
成長すると沖合いの表層付近で浮遊性植物などを主に食べる。

カワチブナはゲンゴロウブナの改良したものである。関東ではヘラブナの名で親しまれ、釣堀などで、遊魚の対象になっている。
ゲンゴロウブナ
 

サケの仲間

サケの仲間
 

トゲウオ・ボラ・ダツ・カサゴの仲間

トゲウオ・ボラ・ダツ・カサゴの仲間
 
ボラ目   ボラ科    ボラ属

全長55~80cm
 
主上顎骨後端は口角部直上に達する。(ボラ属の特徴;メナダ属やタイワンメナダ属の主上顎骨後端は口角部よりはるか後方に達する。) 

背鰭は2つに分かれ、腹鰭は第1背鰭より前から始まる。

メナダやセスジボラと異なり、胸びれのつけ根が青い。

胃壁は、算盤状の堅い筋肉からなり、「鯔のへそ」と呼ばれる。
 
世界中の熱帯から温帯にかけての海に分布し、幼魚や未成魚は、川にも昇るので、宍道湖や中海でも普通にみられる。
 
出世魚で、2~3㎝のものをハク、10㎝までをオボコ、20㎝までをスバシリ、30㎝まで をイナ、40㎝までをボラ、50㎝までをトドという。

松江では、20㎝までの当才魚をナイス、30㎝までの2才魚を2才仔という。

産卵期は10~1月。表面水温が、20~23℃の所なので、日本海のボラは九州西部まで移動する。

外海の水深10m前後の岩場で、体を岩にこすり付けながら直径約1mmの卵を産む。
 
卵は沈んで沖合に流され孵化し、表面を泳ぎながら浮遊動物を食べ沿岸へむかう。

春、2㎝位の稚魚が群れをなして沿岸に来、汽水域に昇り、藻や有機物のほか、ゴカイ等の動物も食べる雑食性になり、夏には淡水域にも入る。
3年内湾や汽水域で過ごしたのち、成魚になり外洋にでる。
 冬、刺身、塩焼き、鍋等で美味。卵巣を塩漬けにしたカラスミも珍重される。
マボラ
 
ボラ目   ボラ科   メナダ属
メナダ(ソウカン,アカメ)Chelon haematocheilus Temminck et Schlegel
 第1背鰭4棘,第2背鰭8~10軟条、臀鰭3棘,8~10軟条、
胸鰭16~19軟条 全長50~100cm
 
上唇下部は滑らかで、突起や隆起、やすり状の縁などはない。(ワニグチボラはやすり状の縁があり、フウライボラ属には乳頭状の突起がある。)
 両口唇に歯がないか、あるいは微細な単尖頭歯または2尖頭歯がある。
(クチボソボラの両口唇には、大型の3尖頭歯が密生する。)
主上顎骨後端は口角部よりはるか後方に達する。(メナダ属やタイワンメナダ属の特徴;ボラ属の主上顎骨後端は口角部直上に達する。)
背中線は隆起線を形成しない。
主上顎骨後端は口を閉じた時露出する。胸鰭基底上端に黒斑がない。
(タイワンメナダ属の主上顎骨後端は口を閉じた時溝の中に収納され露出しない。胸鰭基底上端に黒斑がない。)
 頭部は縦扁し、縦列鱗数は36~43(メナダの特徴:コボラなどの頭部は円筒形に近く縦列鱗数は26~34。)

 背鰭は2つに分かれ、腹鰭は第1背鰭より前から始まる。
 ボラやセスジボラと異なり唇や目のまわりが赤く、主上顎骨の後端は下方に曲がり体側の鱗の基部に黒点がある。
ボラに比べ、体幅が狭く、吻が短く、口が下向き。
 胃壁は、算盤状の堅い筋肉からなり、「鯔のへそ」と呼ばれる。
 関東では、ボラと同様成長にしたがって名前が変わり、当才魚をコスリ、
1~2才魚をトウブシ、3才魚以上をメナダと呼ぶ。
 北海道から九州までの日本・朝鮮半島及びアジア大陸東部一帯の沿岸に分布し、内湾や潟湖に多く、成魚になっても外海にでないものもいる。幼魚や未成魚は汽水域にも侵入し、中海でも普通にみられ、宍道湖にも入ってくる。
ボラは冬になると宍道湖ではほとんど見かけなくなるが、メナダやセスジボラはよく見かける。
 産卵期は東日本では秋10月頃。90cm以上の雌が熟卵をもつ。
 付着藻類や泥中の有機物を主に食べる雑食性。
 刺身、塩焼き、鍋物等で食べる。冬、特に外洋で獲れたものは、臭みもなく美味。産卵期前も脂がのり美味といわれ、関東ではボラより旨いといわれるが、山陰ではあまり食べない。
 英名 Redlip mullet(赤い唇のボラ)
メナダ
 
ダツ目  トビウオ亜目    ダツ科   ダツ属

全長80~100cm。

両顎が長く伸びる。(ダツ科の特徴;サヨリ科は下顎のみが長く伸びる。)
尾柄部側面に隆起線がない。

体は帯のように細長く平べったい。あごは上下とも細長く鋭い歯が密生する。
両あごの赤味は雄が強い。背中は濃い緑青色で、腹は銀白色。骨が青い。
 
北海道以南の琉球列島と小笠原諸島を除く日本各地、朝鮮、上海等の沿岸や内湾に分布し、特に南日本に多い。 中海では周年見られ、宍道湖にも6~9月、成魚や幼魚が中海から入り、大橋川でも産卵している。
 
産卵期は5~7月、雌雄が群れて泳ぎながら海藻の多いところで産卵する。
 
卵は球形、直径3㎜強で、約50本の付着糸と呼ばれる細い糸があり、これで1こずつ海藻等に絡みつく。 

産卵数は、2,000~8,000粒。
 
受精後2週間(水温21~25℃)で孵化。孵化仔魚は約13mm。
 
稚魚は、始め下あごが伸びはじめ、しばらくしてから、上あごも伸びてくる。5㎝位では、下あごは上あごの2倍くらいある。
 
半年で30㎝、1年で40~50㎝になり成熟する。寿命は4年位。
 
表層近くを泳ぎながら主に魚を捕食する。
 
夏が旬で、寿司種や煮付け、塩焼き、揚げ物等で食べる。
ダツ
 
ダツ目  トビウオ亜目 サヨリ科  サヨリ属

全長30~40cm。

下顎は頭長(上顎先端から鰓蓋までの長さ)より短い。(クルメサヨリの下顎は頭長より長い。)

体は細長く、下顎の先端部は赤色(クルメサヨリは黒色)で、上顎に比べ、著しく長い。
 
琉球列島と小笠原諸島を除く日本各地、樺太、朝鮮、台湾の沿岸や内湾に分布する。 

汽水域にも侵入し、宍道湖でも成魚や幼魚が中海から入ってくる。
 
産卵期は4~8月、雌雄が15尾位の群れを作り、泳ぎながら岸辺のホンダワラ等の海藻に、数回に分けて昼夜の別なく産卵するが、曇った日の午後が特に盛ん。
 
卵は球形の沈性卵で、直径2㎜強。4~6本の付着糸と呼ばれる細い糸があり、これで1個ずつ海藻等に絡みつく。
 
産卵数は、2,000~3,000粒。
 
受精後2週間(水温14~17℃)で孵化。孵化仔魚は7~8mm。
 
孵化後10日ごろから下顎が伸びはじめ、1月たつと、親と同じような形になる。
 
半年で20㎝、1年半で30㎝2年で40㎝になり、普通2年で成熟するが、1年で成熟する雄もいる。寿命は4年位。
 
表層近くを泳ぎながら、小型甲殻類など浮遊動物を捕食する。
 
春~秋が旬で、刺身、塩焼き、酢のもの、吸い物等で食べる。
サヨリ
 
ダツ目  トビウオ亜目 サヨリ科  サヨリ属

全長15~20cm。

下顎は頭長(上顎先端から鰓蓋までの長さ)より長い。(サヨリの下顎は頭長より短い。)

体は細長く、下顎の先端部は黒色で(サヨリは赤色)上顎に比べ著しく長い。
 
本州、四国、九州の汽水域から河川の下流域、汽水湖に分布し、国外では、朝鮮半島南部、揚子江下流域にもいる。
 
中海では、周年見られるが、宍道湖では冬は姿を見かけない。
 産卵期は中海では4~6月、雌雄が群れを作り、泳ぎながらアマモ等の水草に産卵する。卵は球形で、直径1.5㎜弱。太い1本と反対側に細い3~4本の付着糸と呼ばれる糸があり、これで1個ずつ水草に絡みつく。
 受精後15~16日(水温20~25℃)で孵化。孵化仔魚は4mm。
 孵化後10日ごろから下顎が伸びはじめ、1月たつと、親と同じような形になる。
子供の頃は、藻場や岸辺の表層を群れて泳ぎ、5~10月にかけては淡水域にも昇るが冬は汽水域に留まる。
 15㎝までは、主に藻などについている甲殻類等の浮遊動物やシラウオ、ワカサギ等の稚魚も食べる。おとなになるとほとんど浮遊植物食になる。
 煮干し、塩焼き、吸い物、てんぷら、刺身等で食べる。
クルメサヨリ
 
ニホンイトヨ 

トゲウオ目 トゲウオ科  イトヨ属

全長8~10cm。
 
体側には、鱗板がある。腹鰭は強大な1棘のみからなり、背鰭棘は互いに鰭膜でつながらない。(トゲウオ科の特徴)

背鰭に3~4本、腹鰭に1対、大きい棘がある。
 
体前部から尾柄部まで鱗板と呼ばれる大きな鱗が被う。

陸封型は北海道や東北の一部など限られた場所の水の澄んだ細流や池にすみ、全長も6cm前後と一回り小さいが、降海型は、利根川・島根県益田川以北の本州、北海道ユーラシア、北アメリカの沿岸や内湾などにすみ、春先、産卵のため川に昇る。

産卵期は3~6月。背面が青く、喉から腹面に赤い婚姻色の出た雄は、平野部の流れの緩やかな、近くに水草のはえている砂泥底に縄張りを持ち、直径5㎝深さ1~2㎝の穴を掘り、その上に水草等を集めて腎臓から出す液で固め、上から砂をかけて10㎝位の巣を作り、縄張りに入ってきた腹の大きい雌を巣に誘い込み産卵させる。雌が出たらすぐ、雄が巣に入り受精する。産卵行動は昼行われる。産卵期のメスも、全身銀色の光沢を増す婚姻食を示す。

1回の産卵数は30~150個、雄は2~3尾の雌を同一巣内で産卵させ、子供が巣を離れるまで守り、死んでいく。 卵は球形で直径1.5㎜前後。
7~10日(水温19~15℃)で孵化。孵化仔魚は5mm弱。
巣のまわりで浮遊動物などを食べ成長し、降海型のものは2~3㎝になる夏~秋に海に下り、沿岸で浮遊動物や半底性動物、魚卵や仔漁を食べ、翌年2月頃産卵のため川に昇る。 

付焼きや唐揚げ等で酒の肴にする所もある。

底性動物や水生昆虫を主とした、動物食の濃い雑食性。
観賞魚として売られているが高水温に弱いので、温度調節器のない所では飼育しにくい。
ニホンイトヨ
 
   めだか目  めだか科  めだか属
めだか(メンパ、ネンパ)Oryzias latipes Temminck et Schlegel
 背鰭6軟条、臀鰭15~21軟条、腹鰭6軟条、全長2~4cm。
 背中は黒っぽく、口は上側をむく。
 雄の臀鰭は大きく平行四辺形をしているが、雌は幅が狭く後にいくほど狭くなる。 中国大陸、朝鮮半島、台湾、本州以南の平野部の池、沼の浅い所、水田やそれに続く水路にすむが、汽水域にも侵入し、宍道湖でも表層を群れて泳ぎ、中海の防波堤の内側でも見かける。
 産卵期は4~9月、早朝、雄が雌を追いかけ、背びれと臀鰭で雌を抱くようにして泳ぎ産卵放精する。産みだされた卵は、しばらくは雌の体に付いたままだが、泳ぎながら水草などに付けていく。 卵は球形で、直径1㎜強。付着糸と呼ばれる細い糸がありこれで1個ずつ水草等に絡みつく。
 1回の産卵数は2~50粒。受精後8~20日(水温18~30℃)で孵化。孵化仔魚は5mm。
 孵化後2~6月で2㎝位になると生殖可能になる。寿命は1~2年。
 表層を泳ぎながら主に小型甲殻類など動物プランクトンを捕食するが、底性動物や藻類なども食べる。
 普通食用にはしないが、飼いやすいので、観賞用や実験用に飼育されている。水温を18℃にし、光を1日13時間以上当てると、1年中産卵する。
 英名 japanese killifish(killifishは、小川の魚の意味)
メダカ
 
   ヨウジウオ目 ヨウジウオ科 ヨウジウオ属
ヨウジウオ Syngnathus schlegeli  Kaup


 背鰭35~41軟条、臀鰭2~4軟条、胸鰭20~22軟条 全長25~30cm。

吻は筒状で細長くその先端に小さな口が開く。腹鰭はない。体は体輪状骨板に被われる。  (ヨウジウオ科の特徴)
尾鰭がある(ヨウジウオ亜科の特徴;タツノオトシゴ亜科にはない。)
躯幹部と尾部の上隆起線は、背鰭のところで不連続
(オクヨウジ属、チゴヨウジ属、アマクサヨウジ属、ボウヨウジ属は連続。)
 躯幹部と尾部の下隆起線は連続。  (ヒフキヨウジ属、テングヨウジ属、ヒバシヨウジ属、カンムリヨウジ属、ウミヤッコ属は、臀鰭付近で不連続)
 各隆起線は円滑。(ダイダイヨウジは鋸歯状)
 主鰓蓋骨の隆起線は幼魚を除き未発達。(ヨウジウオの特徴)
(ヒナヨウジ属、カワヨウジ属、イシヨウジ属の隆起線は発達。)
 
 体は細長く、ツマヨウジのような形をしている
 体は堅い体輪で覆われ、その数は、胴部に18~20、尾部に39~43。
 吻は筒状で細長くその先端に小さな口が開く。口には歯はない。
腹鰭はない。肛門と小さな臀鰭は、ほぼ背びれ起部の下方にある。
 雄の腹部には、育児嚢と呼ばれるカンガルーのようなこどもを育てる袋がある。
日本各地や朝鮮南部の沿岸や内湾のアマモ場等の藻場に多く、汽水域にも侵入し、宍道湖でも成魚や幼魚が中海から入ってくる。
 産卵期は5~6月で、雌が雄の育児嚢内に産卵する。
 卵はやや楕円形で、長径は1mm強、短径は1mm前後。
 受精後6~10日で、約1cmの仔魚が育児嚢から出てくる。
 産出される仔魚の数は、約800尾。
 藻場にやってくる、小型甲殻類など動物プランクトンを筒条の口で、水と一緒に吸い込んで食べる。
 食用にはしないが、観賞用としてはおもしろい。
 英名 Seaweed pipefish(海藻にいるヨウジウオ)
ヨウジウオ
 
カサゴ目 カジカ亜目   カジカ科   カジカ属

カマキリ(アユカケ) 

全長15~25cm

体色は灰褐色で背側には4本の黒褐色の太い横帯がある。腹面は白色。側線は完全。 胸鰭軟条はおとなになると分岐する。口には歯がある。
 
前鰓蓋骨には、4本の棘があり、一番上の1個は強大で、上向きに曲がっていて、これで鮎を引っ掛けるという伝説から、アユカケともよばれる。
 
日本の固有種で、神奈川県相模川と秋田県以西の本州、四国、九州の河川に分布する太平洋側より日本海側に多い。

夏期には中流域の砂礫底に生息し、冬期には下流域に移る。中海宍道湖の流入河川にも生息し、冬期には湖内にも入る。
 
近年は川に堰などが設けられ移動できにくくなり、全国的に減少している。
 
産卵期は12~3月、夜間に川を下り、海の沿岸近くで産卵する 卵径は1.5mm。
 
受精後20日(水温10~20℃)で孵化する。孵化仔魚は全長5mm強。
 
孵化後4~6日で餌を食べだし、表層に浮かぶ。
孵化後1ヵ月で、川へ昇りはじめ、主に水性昆虫を食べる。
体長10cmをこえるとほぼ完全な魚食性になる。
半年で7~8cm、1年半で13~15cm,2年半で15~17cmになる。
普通2年で成熟し、産卵後は、海に流下し死んでいく。
初冬が旬で、塩焼きやチリ、煮付けなどで食べるとおいしい。
カマキリ
 

スズキの仲間

スズキの仲間
 
スズキ目 スズキ亜目 スズキ科 スズキ属

漢字名 鱸 地方名 セイゴ(幼魚~未成魚)チュウハン(若年成魚)
 
全長50~100cm

尾柄は長く細く、尾鰭後端の切れ込みは深い。背鰭軟条は12~14本、希に15本(ヒラスズキの尾柄は太く短く、尾鰭後端の切れ込みは浅い。背鰭軟条は15~16本(希に14本)
 
吻は長い。体に黒斑はない。(身成魚で出るものもいるが多くの斑点は鱗と同大か、それより小さい。)(タイリクスズキの吻は短く、体に多くが鱗より大きい黒斑がある。)

口は大きく目の後までさけ、幼魚は背鰭や背中に小黒点があるものも多い。

日本各地、朝鮮半島、中国に分布。

岩礁域~内湾の砂泥底に生息し、5~11月には、川にも昇るので、宍道湖や中海でも普通にみられるが、冬には越冬のため美保湾まで下がるので湖内ではほとんど見かけなくなる。
 
出世魚で、関東では5㎝までをフッコ、10㎝までをデキ、30㎝までをセイゴ、50㎝以 上をスズキという。松江では30㎝までの当才~2歳魚をセイゴ、2~5年たった60㎝までをチュウハン、60cmを超えた4,5年以上のものをスズキという。

11~1月、近海や湾口の外洋に面した岩礁性の沿岸部で産卵する。
 
卵は、球形の分離浮遊卵で、直径約1.3mm。
 
受精後、4~5日(水温13~15℃)で5㎜足らずで孵化し、表面を泳ぎながら浮遊動物を食べ沿岸へむかう。2~13㎝位の稚魚はアミ類やヨコエビを食べ、5㎝位になると、よく川にも昇り、水性昆虫等を食べる。13~20㎝のものは、藻場の周辺でエビやハゼ類などの小魚を食べ、成魚は、エビや魚を食べる。
 
1年で20㎝、2年で35㎝、3年で45㎝、4年で55㎝、5年で63㎝、6年で70㎝になり雄は2年、雌は2~3年で成熟する。
 
夏は洗いで美味。秋は塩焼きや煮付けで食べる。肪も少なくくせがないので椀種やフライなどにもする。そのほか、空揚げやムニエル、バター焼き、洋風パイ包み焼き等でも食す。

宍道湖7珍のひとつ、奉書焼きは鰓や内臓、鱗を取り、塩でしめたスズキをぬれた奉書で包み1時間ほど焼き、わさび醤油で食す。元は漁師の料理で、たき火の灰の中に丸太で入れ、蒸し焼きにして食べていたのを不昧公が所望され、灰がついてはいけないと、奉書にくるんで献上したのが始まり。 
スズキ
 
スズキ目 スズキ亜目 スズキ科 スズキ属
 
漢字名 平鱸 地方名 セイゴ(幼魚~未成魚)チュウハン(若年成魚)
 
全長50~100cm

尾柄は太く短く、尾鰭後端の切れ込みは浅い。背鰭軟条は15~16本、希に14本(スズキやタイリクスズキの尾柄は長く細く、尾鰭後端の切れ込みは深い。背鰭軟条は12~14本、希に15本)

スズキに似ているが幅が広く平たい感じがする。
 
背びれの軟条数は、15~16。(スズキは12~14)。
 
下あごの腹面に1列の鱗があるものが多い。(スズキにはない。)
 
主鰓蓋骨の2本の棘の間は、深く湾入する。(スズキは平滑)
 
腹鰭が黒っぽい。(スズキは白っぽい。)等で区別する。

千葉県から長崎県まで分布。特に本州南岸や九州西部に多い。
 
近海の瀬のある岩礁域に棲み、幼魚や未成魚が南日本では川をのぼることがあるが、その外の地域では、内湾には入るが、川にはのぼらない。
 
中海や大橋川では見かけるが、宍道湖には、夏に時々入ってくる程度である。
産卵期は、1~3月。 近海や湾口の外洋に面した岩礁性の沿岸部で産卵する。
 
動物食で、えび、小魚、貝等を餌にしている。
 
冬が旬で、塩焼き、洗い、刺身、煮付け、揚げ物等で食べる。
 
夏場の洗いもよい。しゃぶしゃぶにも使われる。
ヒラスズキ
 
スズキ目 スズキ亜目 サンフィッシュ科 オオクチバス属
 
俗称 ブラックバス

全長25~50cm(最高記録83cm,10kg)

体側は灰緑色で、暗褐色の斑点がある。腹面は乳白色~黄色。
 
若魚では体側に、口から尾鰭に達する黒褐色の帯がある。

北米原産で、五大湖やミシシッピー川等の淡水域であったが、今では北米温帯域のほぼ全域に棲んでいるほか、ヨーロッパ、南アフリカ、ブラジル、東南アジアにも移殖されている。日本へは1925年、米国から芦ノ湖に移殖され、各地の人工湖等に移入され、島根各地のダムや堤でも繁殖し、松江の堀川や宍道湖でもよく姿を見かける。

日本での産卵期は水温が16℃をこえる5~7月。

湖沼の沿岸の水深30㎝~1.5m程度の泥底で水草等が周りに生えている場所に、直径0.5~1m、深さ10~20cm程度の穴を雄が掘り、主に夕暮時、雄は数尾の雌を誘い込み雌も数ヶ所で産卵し雄が卵や仔魚を守る。
 
巣の卵数5~7千個。卵は球形で、直径2mm弱。卵膜には、粘着性がある。
3~5日(水温16℃)で孵化する。孵化仔魚の全長は約3mm。
孵化後1週間は巣内に留まり、その後3週間あまりは、雄の保護のもと浮遊動物を食べ、その後群れて水草地帯を泳ぎ、5cm位になると、単独生活をし、水草のある湖の沿岸部や流れの緩やかな川、池沼に棲み底性動物を主に食べ成長し、8cmになると魚や蛙エビ類を食べる。

1年で15cm,以後20、25、30、34cmとなり、15年で50cmをこえ、雄は3~4年、雌は4~5年で成熟する。

釣りの対象魚。

塩焼き等で美味。
フライやムニエルバター焼きあんかけ料理など洋風の料理も合う。 
皮に特有のにおいがあり敬遠する人もいるが、レモン汁を少量加えた熱湯にさっと通すと容易に皮を取り除くことができる。
オオクチバス
 
スズキ目 スズキ亜目 サンフィッシュ科  ブルーギル属

英名 Blue gill(青いえら)

全長15~25cm(最高記録38cm,2.2kg)

背側は暗褐色で腹面は銀白色。体側に7~10本の暗色横帯がある。

鰓蓋の後端のやや突出した部分が濃紺~黒色なのでこの名がついた。

生殖期の雄の腹部は、赤味を帯びる。

北米原産で、日本へは1960年、今上天皇が皇太子の頃、シカゴより18尾寄贈を受け、淡水区試験場へ下賜され、繁殖したものを伊豆の一碧湖に放流したのが始まり。

各地の人工湖等に移入され、島根各地のダムや堤でも繁殖し、松江の堀川や宍道湖でも姿を見かける。

産卵期は6~7月。浅瀬の砂泥底で水草等が周りに生えている場所に、直径50cm程度のすり鉢状の穴を雄が掘り、主に夕暮時雄は数尾の雌を誘い込み雌も数ヶ所で産卵し雄が卵や仔魚を守る。

巣の卵数5千~3万個。卵は球形で直径約1mm。卵膜には粘着性がある。

3~5日で全長3mm弱で孵化する。孵化後2週間は巣内に留まり、その後1週間あまりは雄の保護のもと浮遊動物を食べその後10尾程度の群れをつくり、水草のある湖の沿岸部や流れの緩やかな川、池沼に棲み、魚や底性動物、浮遊動物を食べる。

1年で8cm、以後11、13、17、18、20cmとなり、10年で23cm位になる。雄は3~4年、雌は4~5年で成熟する。

身は淡泊で、刺身や塩焼きよりもフライやムニエルで食される。
加熱調理すると皮がゴム状になり食べにくいので、切れ込みを入れたがよい。
ブルーギル
 
スズキ目 スズキ亜目 メジナ科 メジナ属

俗称グレ・口太グレ 山陰地方名 クロアイ

全長20~50㎝。

体は楕円形で体高はやや高く、体は側偏する。体色は紫黒色。

鱗はやや大きい。(クロメジナ(尾長グレ)は小さい。)
角鱗基部に暗色点がある。(クロメジナには暗色点はない。)
口は小さく、両顎は等長。 吻は短く、先端は丸い。
尾鰭後縁は僅かに三角形にへこむ。(クロメジナは弓型にへこむ。)
 (イスズミは深く切れ込む)
 
産卵期は2~6月。卵は約1mmの球形浮性卵。
水温16~17℃で、受精後60時間で孵化。孵化仔魚は全長2mm強。
 
雄は生後満1年で11cm、3年で20cm位になり、成熟する。7年で30cmあまりになる。 雌は雄より平均して約1cm小さい。
 
日本全土、朝鮮半島、台湾、東シナ海に分布。
 
1年魚は磯で生活し、2年魚になると、昼と夜とで場所をかえ、3年魚ごろから、岸近くのやや深い岩の割れ目や岩の下などに入って生活するようになる。 
島根半島でよく見かけ、1年魚は中海にも入ってくるが、宍道湖では、極めて稀である。
 
1年魚は、夜明け少し前に夜の休み場から出て、50~200の群れを作って水面に浮くが、午前7~8時には岩礁に沿って沖へ出て分散し、冬は主に海藻を、夏は主に小動物を食べる。 日没前には、群れを作って休み場に帰る。 冬が旬で刺身、煮付け、塩焼き、潮汁などにするが、身が軟らかい。

人にもなれ、飼いやすいので観賞用にもなる。

メジナ
 
  スズキ目 ワニギス亜目(イカナゴ亜目) イカナゴ科
 イカナゴ  Ammodytes personatus Girard

 漢字名 玉筋魚 鮊子 地方名 (コオナゴ)
 英 名 Japanese sand lance(日本のイカナゴ lanceはヤス)
     Pacific sand lance (太平洋のイカナゴ)

 背鰭 51~56軟条、 臀鰭29~30軟条 全長15~25cm。

 体は細長い円筒形。口は大きく、下顎は上顎より長い。
 上顎骨は、眼の前縁の下を越える。両顎に歯はない。
 背鰭は長い。腹鰭はない。鱗は小さい。
 側線は体の背側を背鰭基底に沿って走り、尾柄上で終わり、尾鰭基底に達しない。
 生きているときは、銀白色で、背部は青みを帯びる。

 日本各地の沿岸に広く分布。内湾の入口付近の砂礫底に多い。朝鮮半島にも分布。
 北海道沿岸や瀬戸内海には多いが、本州の日本海沿岸には少ない。
 水温が20℃を越えると砂の中に潜り、夏眠をする。
 敵が近付いたときも砂に潜る。

 産卵期は、南で早く、北で遅い。九州や瀬戸内海では、水温が13~18℃になる12~1月で、北海道では、水温が2~6℃になる3~5月上旬である。
 水深10~30mの砂礫底に群れて産卵する。
 卵は直径約1mmの沈性付着卵で、産卵後すぐに砂礫に粘着する。

 受精卵は、水温12~15℃で9日半で孵化し、全長4mmの仔魚となる。
 付加後2~3日で卵黄を吸収し、表層でコペポーダ等の浮遊動物を捕食する。
35mm迄は、プランクトン生活をし、幼魚や未成魚になると、夜は1~6mの砂の中に潜っている。未成魚は珪藻類も食べ、成魚も浮遊動物が少ないときなど珪藻類も食べる。 2年で、8~12cmになり成熟するが、1年で産卵するものもいる。

 成魚はオオナゴと言いてんぷらなどで食べ、中型のものをチュウナゴ、5㎝位のをユウナゴ、3㎝以下の稚魚をチリメンと言い佃煮やしらす干しの原料にする。
瀬戸内では、春~初夏、獲れたての小型魚を塩ゆでにし、酢みそや二杯酢で食べる。
小型魚の佃煮の、明石の釘煮も有名。
 養殖魚の餌にもする。

 曳き網や刺し網、敷き網、掬い網で捕獲する。
イカナゴ
 
スズキ目 ハゼ亜目 ハゼ科 シロウオ属

地方名 オジャ   

全長雄4~9cm 雌4~6cm
  
前背鰭がない。体は透明で細長く、体の真中にある鰾が透けて見える。
成長した雌は腹部に数個の黒点が縦に並ぶ。鱗もない。
胸びれは、雄より雌が大きく、くっついて吸盤を形成する。

北海道南部~九州、朝鮮半島南部の沿岸、内湾にすみ、中海にもいる。川にのぼって産卵するので、2~4月、産卵期のため川にのぼる途中の成魚や、5~7月海に下る幼魚を宍道湖でもよく見る。
 
産卵期は、日中水温が12~15℃になる3月~5月。
 
産卵は、河口から数百m~6㎞の水深10~20㎝の5~30㎝埋まっている石の下を雄が掘って産卵室を作り、300~700個の卵を一層に産み付け、雌はすぐに、雄は卵が孵化するまで守って死んでいく。 卵は棍棒状で、長径3mm前後、短径1mm弱。
 
受精後14日(水温13~20℃)で5mm弱の仔魚が孵化する。
孵化した仔魚はすぐに海に下り、遠浅で、波の静かな沿岸のアマモ場等の中層を遊泳し、よこえびなどの小型の甲殻類を主に食べ、1年で成熟する。

卵とじ、てんぷら、吸い物、酢の物のほか、生きたまま二杯酢で食べる「おどりぐい」が有名。
シロウオ
 
   スズキ目 ハゼ亜目 ハゼ科 ウキゴリ属
ウキゴリ Gymnogobius urotaenia  Hilgendorf

漢字名 浮吾里     地方名 メゴズ   
英 名   

第1背鰭6~7棘 第2背鰭1棘10軟条、臀鰭1棘11軟条、
胸鰭 21軟条 腹鰭 1棘5軟条 全長8~15cm

 頭部に鱗がない。側線もない。下顎は上顎より僅かに長い。
 口は大きく、上顎の後端は眼の後端まで達する。
頭部感覚器官は大きいのが1個。
 腹鰭はくっついて吸盤を形成する。
 第1背鰭後端に大きな黒色斑がある。(スミウキゴリにはない)
 産卵期の雌は、第1背鰭の上側が橙黄色になり、雄は、胸鰭や臀鰭が黒くなる。
 北海道、本州、九州、サハリン、朝鮮半島の河川や湖沼に分布する。
 汽水域から川の中流域の流れの緩やかな淵の物陰や草の中にいるが、中層に浮かんでいることもある。
 宍道湖や中海の流入河川に多く、湖内でも見かけるが、中海では稀である。
 産卵期は、1~5月。
 水深50cmまでの、流れの緩やかな水底にある石や貝殻等の下に、卵を1層に産む。
 600~1,500の卵を、1尾の雄が孵化まで保護する。
 卵は混紡状の付着卵で長径3mm、短径1mm。
 14日(水温15℃)ほどで孵化する。孵化仔魚は4mm強。
川で孵化した仔魚は、海や湖に下り、群れて遊泳生活を送りながら浮遊動物を食べ成長し、2~3ヵ月して2~3cm位になると川にも昇り、小魚やえび類を主に食べる。

 佃煮などで賞味する。
ウキゴリ
 
スズキ目 ハゼ亜目 ハゼ科 ウキゴリ属
地方名 メゴズ   
   

全長5~7cm(雄は5cm程度)

 頭部の側面には鱗がある。(ビリンゴにはない。)側線はない。
 口は、はぜの仲間では小さい方で、上顎の後端は瞳孔の下辺り。
 頭部感覚器官は2個。(ビリンゴは3個。)下あごは、上あごより僅かに長い。
 胸びれはくっついて吸盤を形成する。 産卵期の雌は、尾鰭を除く各鰭が黒くなり体側に幅の広い黄色の横帯があらわれる。

 宍道湖で発見された魚だが、益田の蟠竜湖や、富山・獅子川・福井の各県にも生息。
北朝鮮~ロシアの汽水湖にもいる。

 宍道湖では沿岸部の特に船溜り等直接風波を受けない所に多い。
 産卵期は、3~4月。湖内の砂泥底の巣穴の壁面に卵を1層に産む。
 1尾の雄が孵化まで保護する。卵は混紡状の付着卵で先端付近に浅いくびれがあり長径4mm、短径1mm強。約20日(水温14℃前後)で孵化し、湖内を群れて遊泳生活を送りながら浮遊動物を食べ成長する。
 成長すると、ゴカイ、アミ、ヨコエビ、仔魚等の小型動物や藻類を食べる。
 雌は雄より早く成長し、どちらも大部分が1年で成熟する。
 佃煮などで食べるほか、飼いやすいので、観賞魚にもなる。
シンジコハゼ
 
   スズキ目 ハゼ亜目 ハゼ科 ウキゴリ属
地方名 メゴズ   

全長5~7cm(雄は5cm程度)

 頭部に鱗がない。側線もない。下あごは上あごより僅かに長い。
 口はハゼの仲間では小さい方で、上あごの後端は瞳孔の下辺り。
 頭部感覚器官は3個。(シンジコハゼは2個。) 
腹鰭はくっついて吸盤を形成する。
 産卵期の雌は、尾鰭を除く各鰭が黒くなり体側に幅の狭い黄色の横帯が現れる。
 日本のほぼ全土、サハリン、朝鮮半島に分布する。
 内湾や河口部等汽水域の砂泥底に多いが、中層に浮いていることも多い。
 純淡水域にも入る。中海、宍道湖でも普通にみられる。
 産卵期は、2~7月。河口付近の砂泥底にあるアナジャコが廃棄した巣穴の底表面から5~15cmの深さにある直径1cmほどの壁面に卵を1層に産む。
 100~600の卵を、1尾の雄が孵化まで保護する。
 卵は混紡状の付着卵で先端付近に浅いくびれがあり、長径4mm、短径1mm強。
 約30日(水温10~15℃)で、8mm弱で孵化し、海に下り、群れて遊泳生活を送りながら浮遊動物を食べ成長し、2cm位になると川にも昇る。
 ゴカイ、アミ、ヨコエビ、仔魚等の小型動物や藻類を食べる。
 1年で4~5cm、2年で5~6cm、3年で6cm以上になる。
 雌は雄より早く成長し、どちらも大部分が1年で成熟する。
 佃煮などで食べるほか、飼いやすいので、観賞魚にもなる。
ビリンゴ
 
マハゼ
 
   スズキ目 ハゼ亜目 ハゼ科 ヨシノボリ属
ゴクラクハゼ Rhinogobius giurinus Rutter

漢字名  極楽鯊 極楽沙魚  地方名 ゴレンチャ
英 名  Paradise goby    (ゴクラクハゼ)

 第1背鰭6棘 第2背鰭1棘8軟条、臀鰭1棘10軟条、
胸鰭 19軟条 腹鰭 1棘5軟条 全長7~10cm

 雄の成魚は、第1背びれと臀鰭が、雌に比べ長い。口は少し傾き。
 体色には青く光る小さな斑点が散在する。上あごは下あごよりやや長い。
 頭部の鱗域は眼の後端付近に達する。
(ヨシノボリ類は頭部の鱗域は眼の後端付近にはるかに達しない。)
 腹鰭の吸盤は楕円形(ヨシノボリは円形)。ほほに複雑な斑紋がある。
 マハゼの幼魚にも似るが、マハゼに比べ鱗が大きい。
 
秋田、茨城両県以西の本州、四国、九州、琉球列島・朝鮮半島・中国・台湾に分布。中下流域や汽水域の流れの緩やかな砂礫底に生息する。
 宍道湖や中海の流入河川にも多く、稚魚期を湖で過ごし、また川に昇っていく。湖や池で一生を過ごすものもいる。

 産卵期は7~10月。半分底に埋まった石の下に穴を掘り下面に長径約2.5mm、短径0.5mmの紡錘形の卵を一層に産み付ける卵数1,700~4,000。 雄が保護する。
 3~4日(水温25℃)で孵化する。全長3mm弱。
 孵化した仔魚はすぐに海や湖に下り、表層を泳ぎながら、主に浮遊動物を食べる。
 約2ヵ月浮遊生活を送り、9~10月、2cm前後に成長すると川に昇り底性生活になり水性昆虫を始め小魚や付着藻類などを食べる雑食性になる。
 1年で成魚になるものが多い。冬は石の下に潜って越冬する。
 
まとまって取れないので、あまり食用にはしないが、他の魚に混ぜ佃煮等で食す。
ゴクラクハゼ
 
   スズキ目 ハゼ亜目 ハゼ科 ヨシノボリ属
トウヨシノボリ Rhinogobius sp. OR

漢字名  橙葦登   地方名 ゴッパ、イシビッチャ
英 名  Freshwater goby (淡水にすむハゼ;ヨシノボリ類の総称)
       Lake goby(川にいるトカゲのようなハゼ;ヨシノボリ類の総称)

 第1背鰭6棘 第2背鰭1棘8~9軟条、臀鰭1棘8~9軟条、
胸鰭19~22軟条 腹鰭 1棘5軟条 全長4~7cm

口は傾き、下顎は上顎よりやや長い。
腹鰭の吸盤は円形で大きい。(ゴクラクハゼは長円形)
 雄の成魚は第1背びれの鰭条が延び、産卵期になると体色が黒っぽくなり、各鰭もきれいな色になる。

頬には、瑠璃色の斑点とかミミズ状や放射状に伸びる線はない。
胸鰭基底上部に円形の暗色斑があり、その上下が伸びたり不明瞭だったりすることもある。
生時、雄の尾鰭基底には明瞭な橙色斑がある。(不明瞭な場合もある。)
成熟卵を持つ雌の腹面は青色。
 
生息する地域により、橙色型、宍道湖型、偽橙色型、縞鰭型にわけられる。

北海道を除くほぼ日本各地、朝鮮半島、に分布する。
 河川や湖沼の砂礫底の浅い所に棲み、宍道湖や中海の流入河川にも生息する。
稚魚期を海や湖で過ごし、また川に昇っていくものが多いが、陸風され一生を淡水で過ごすものもいる。
 

 産卵期は4~9月。石の下面に長径約2mm短径1mm弱の紡錘形の卵を一層に産み付け、雄が保護する。

 3~4日(水温20~22℃)で全長3~4mmの仔魚が孵化する。
 孵化した仔魚はすぐに海や湖に下り、表層を泳ぎながら、主に浮遊動物を食べる。
 7~10月、2cm前後に成長すると川に昇り、底性生活になり水性昆虫や付着藻類などを食べる雑食性になる。
 1年で成魚になる。冬は石の下に潜って越冬する。

 佃煮材料になる。 
トウヨシノボリ
 
   スズキ目  ハゼ亜目  ハゼ科   チチブ属
シモフリシマハゼTridentiger bifasciatus Steindachner

漢字名  霜降縞鯊 霜降縞沙魚  地方名 ゴレンチャ、クロッパ
英 名 Striped goby    (縞のある鯊)(シマハゼ類の総称)
Japanese Trident goby(歯の先が3つに尖ったハゼ)(チチブ属の総称)

 第1背鰭6棘 第2背鰭1棘11~13軟条、臀鰭1棘9~11軟条、
胸鰭 18~21軟条 腹鰭 1棘5軟条 全長3~10cm

 体の中央と背側を黒い線が2本縦走するが、成長した雄は、全体に黒っぽく線が不明瞭になり、頬がふくれる。
 胸びれはくっついて吸盤を形成する。
歯は上あごが3列、下あごが3~4列で外側の歯の先は3つに別れてとがる。
 胸鰭最上鰭条は遊離せず小突起に覆われない。
(アカオビシマハゼの胸鰭最上鰭条は遊離し小突起に覆われる。)
頬から頭部下面には小さな白点が密に散在する。(アカオビシマハゼの頭側には大きな斑点がまばらに散在するが、下面にはない。) 
 生時、臀鰭基底付近には赤や白の縦帯はない。(生時、アカオビシマハゼの臀鰭基底付近には2本の赤色縦帯と、その間に白色縦帯がある。)
頭頂部の感覚管開孔の最長径は、後ろ鼻孔の最長径の半分以下。
(アカオビシマハゼでは、半分以上)
婚姻色を呈した雄は、生時全体が黒っぽくなり、臀鰭の基底近くにも白点が散在する。

北海道~九州、朝鮮半島、中国、台湾、の主に汽水域に生息。
中海や宍道湖でもごく普通に見かける。

 産卵期は、4月~9月。産卵は、石積みやカキ等の貝殻の中に卵を一層に産み付け、雄がその卵を守る。 
 卵は無色の電球型で、長径1mm強、短径1mm弱。
 受精後10日(水温18~23℃)で3mm強の仔魚が孵化する。
 孵化した仔魚は1~3ヵ月浮遊生活をした後1cm位になって底性生活に入る。

 小魚や水性昆虫、ゴカイ、エビなどのほか、藻類等も食べる。
 佃煮等で食べる。  英名 Trident goby(歯の先が3つに尖ったハゼ)
シモフリシマハゼ
 
   スズキ目  ハゼ亜目  ハゼ科   チチブ属
ヌマチチブ Tridentiger brevispinis Ktsuyama,Arai et Nakamura

漢字名 沼知知武  地方名 ゴレンチャ、クロッパ
英 名 Threadfin goby(糸状の鰭を持つハゼ)
Japanese Trident goby(歯の先が3つに尖ったハゼ)(チチブ属の総称)

 第1背鰭6棘 第2背鰭1棘10軟条、臀鰭1棘9軟条、
胸鰭 20軟条 腹鰭 1棘5軟条 全長3~9cm
            

 チチブの亜種でチチブによく似ているが、次の点で区別される。
 第1背鰭の基底から離れたところに暗赤色の縦帯がある。幼魚ではより顕著。
(チチブの第1背鰭には基底から離れたところに暗赤色の縦帯はない。)
胸鰭基部の薄茶色の帯の中に細い橙色の線がある。
(チチブの胸鰭基部の帯は黄色~橙色で、中に細い橙色の線はない。)
 生時、頭側に青みを帯びた大きな白点がまばらに散在する。
  (生時、チチブの頭側には白点が密に散在する。)
 

 北海道北部を除く日本各地、朝鮮半島・中国に分布。
 川の下流域や汽水湖など汽水域のほか川の中流や溝などの淡水域の岩場や礫底等底の堅い所にすみ、チチブに比べ低塩分を好む。

 宍道湖やその流入河川ではでごく普通に見かけるが、中海の流入河川でもよく見かけるが、中海湖内ではあまり見かけない。

 産卵期は、5月~7月。産卵は、水底にある石等の下面に、雄が産室を作り、1尾の雌を迎え入れ、卵を一層に産み付け、雄がその卵を守る。
 卵は無色の電球型で、長径1mm強、短径1mm弱。
 受精後10日(水温18~23℃)で3mm強の仔魚が孵化する。
 孵化した仔魚はただちに海に下り、1~3ヵ月浮遊生活をした後1cm位になって底性生活に入る。

小魚や水性昆虫、ゴカイ、エビなどのほか、藻類等も食べる。

 秋~冬が旬と言われ、佃煮等で食べる。  大型魚は唐揚げにもする。
ヌマチチブ
 
   スズキ目  ハゼ亜目  ハゼ科   チチブ属
チチブ Tridentiger obscurus Temminck and Schlegel
漢字名 知知武  地方名 クロボッカ(老成した雄)ゴレンチャ、クロッパ
英 名 Threadfin goby(糸状の鰭を持つハゼ)
Japanese Trident goby(歯の先が3つに尖ったハゼ)(チチブ属の総称)

 第1背鰭6棘 第2背鰭1棘11軟条、臀鰭1棘10軟条、
胸鰭 18軟条 腹鰭 1棘5軟条 全長3~12cm
            
 体は暗褐色で、不明瞭な6~10本の細い線が体側を縦走する。
胸びれはくっついて吸盤を形成する。

 雄成魚の第1背びれの鰭条は糸状にのびる。(ヌマチチブに比べかなり長い)
 他にヌマチチブとの相違点は、
第1背鰭には基底から離れたところに暗赤色の縦帯はない。(ヌマチチブの第1背鰭の基底から離れたところには、暗赤色の縦帯がある。)
胸鰭基部の帯は黄色~橙色で、中に細い橙色の線はない。
(ヌマチチブの胸鰭基部には薄茶色の帯があり、中に細い橙色の線がある。)
生時、頭側には白点が密に散在する。
(生時、ヌマチチブの頭側に青みを帯びた大きな白点がまばらに散在する。)

 北海道を除く日本各地、朝鮮半島に分布。
 内湾、川の下流域や汽水域に多く生息。中海でもごく普通に見かけ、宍道湖東部にも分布する。

 産卵期は、5月~7月。産卵は、水底にある石等の下面に、雄が産室を作り、1尾の雌を迎え入れ、卵を一層に産み付け、雄がその卵を守る。
 卵は無色の電球型で、長径1mm強、短径1mm弱。
 受精後10日(水温18~23℃)で3mm強の仔魚が孵化する。
 孵化した仔魚はただちに海に下り、1~3ヵ月浮遊生活をした後1cm位になって底性生活に入る。

 満1年で2~6cmになり、大部分が成熟し、産卵後雌の大部分は死亡する。

 小魚や水性昆虫、ゴカイ、エビなどのほか、藻類等も食べる。
 佃煮等で食べる。大型のものは唐揚げにもする。
チチブ
 
    スズキ目 ハゼ亜目 ドンコ科 ドンコ属
ドンコ Odontobutis obscura Temminck and Schlegel
漢字名 鈍甲  地方名 ボッカ、カワボッカ   
 英名 Dark sleeper(黒っぽくて、眠っているような魚)

 第1背鰭7棘 第2背鰭1棘8軟条、臀鰭1棘7軟条、
胸鰭 15軟条 腹鰭 1棘5軟条 全長10~20cm

 地色は暗緑褐色だが、環境により変化が多い。
 体側には、4~8個の不明瞭で不規則な雲状斑がある。
 側線はない。産卵期の雄は体が黒くなり、ほほや額がふくれる。
 頭部は縦偏する。口は大きく唇は厚い。下あごは上あごより長い
 ハゼの仲間だが、腹鰭は左右分離し、吸盤は形成しない。
 栃木県・新潟県以西の本州、四国、九州、朝鮮半島に分布する。
 川の上~下流域のよどみや、湖沼、池等にすみ、宍道湖の流入河川にも多く生息し雨の降った後など湖内でも見かける。
 産卵期は4~7月で、初め2年魚が、後から1年魚が産卵する。
 卵は、長径が約5mm、短径が約2mmの紡錘形で、石の下や石垣の間などに産み付けられ、雄が保護する。約1ヵ月(水温16~19℃)で孵化した仔魚の全長は8㎜弱。
 親とあまり変わらない形で産まれ、孵化してすぐ底性生活に入る。
 稚魚は、水性植物の根元や水深のほとんどない砂底で成長する。
 日中は岩陰や石・倒木の下に隠れ夜活動し、大型の水性昆虫や甲殻類、魚類を飽食する。 冬は泥中に体を埋めほとんど動かない。雄は産卵期の頃、低い声でグーグーとなく。 塩焼きや唐揚げ、煮付けなどで食べる。
ドンコ
 
スズキ目 ニザダイ亜目 アイゴ科 アイゴ属
アイゴ Siganus fuscescens Houttuyn

漢字名 藍子、刺子 阿乙呉  地方名 ハラクチ、ハリタテ  
英 名 Dusky rabbitfish(黒っぽいアイゴの仲間)
Dusky spinefoot (黒っぽい下側に棘を持つもの)

 背鰭 8~9棘 10軟条  臀鰭 7棘9軟条  胸鰭16~17軟条  
腹鰭 1棘3軟条1棘  全長 20~40cm

体は楕円形で、著しく側扁する。
体長は体高の約2.5倍。鱗は非常に小さい。
口は小さく、両顎に、小さい門歯状の歯が、一列に並ぶ。口蓋骨は無歯
生きているときの体色は、変化に富むが、暗褐色で、小白色斑を密生するのが多い。腹鰭、背鰭、臀鰭の棘はつよく、それに毒腺があり、刺されると痛い。

本州中部以北には少なく、中部以南、琉球列島、台湾、フィリピンからオーストラリア、南アフリカまで分布。
沿岸の岩礁域の海藻地帯に生息する。

産卵期は7~8月。卵は、径0.6mmの沈性粘着卵。
2cmまでの稚魚は、動物プランクトンを主食とし、大群をなして泳ぎ廻る。
成魚は雑食性で、藻類も好んで食す。

白身で淡泊。冬場が美味。
刺身や洗い、煮付け、塩焼き、付け焼き、唐揚げ、乾物などにする。

肉が磯臭い時は、洗いにして酢味噌にしたり、味噌煮や味噌焼きにする。
アイゴ
 
スズキ目 サバ亜目 タチウオ科 タチウオ属
タチウオ Trichiurus japonicus Temminck and Schlegel
Trichiurus lepturus
漢字名 太刀魚  地方名 ギンダチ
英 名 Atlantic cutlassfish(大西洋のタチウオ[cutlassは船乗りが使う短剣])
  Scabbardfish(鞘のような魚) Bandfish (帯のような魚)
Silverfish (銀色の魚)Snakefish(ヘビのような魚)

 背鰭125~145軟条 臀鰭2棘92~196 軟条 胸鰭10~12軟条 
全長 50~150cm

 体は、著しく細長く、側扁する。尾部後端は長く紐状。 
 口は大きく、下顎は上顎より突出する。
 上下の犬歯は尖り、成体になると鈎状になる。       
 胸びれと尾鰭はない。臀鰭は小突起状。鱗はない。
 背びれ基底は長く、ほぼ背面を覆う。側線は胸びれ上方で斜行する。
 体色は銀白色で、生きているときは青みがかった金属光沢があり、背鰭は黄色みがかっている。              

 世界中の熱帯、温帯にすみ、日本でも、北海道以南の各地の沿岸に分布するが、本州中部以南に多く、島根半島でもよく見かけるが、中海では稀である。1997年3月宍道湖の小袋網でも獲れた。
 水深100m前後、350mまでの砂泥底に群生する。
幼魚は日中には中~下層で群れを作り、夜間、群れを解いて表層に浮上し、岸近くや内湾まで摂餌のために移動するが、成魚になると昼間に表層に浮上しえさを食べ、夜間は海底まで戻っていく。

 餌は、幼魚のうちはアミやオキアミ等甲殻類が多いが、成魚はイカや魚を食べる。

 産卵期は4~9月。岸近くの浅所で産卵する。
 1年で50cm、3年で70cm、4年で80cm位になる。
 1年で成熟する雄もいるが、多くは2~3年で成熟する。
 
 脂がのる夏が旬で、塩焼きやフライ、バター炒め、煮付け、照り焼き等で味わう。練り製品の材料にもなる。身が柔らかいので、刺身は昆布締めにすることが多い。
 釣りの対象魚。体表に銀箔のようにグアニンの結晶が沈着しているので、これを集めて、模造真珠の材料にもする。
タチウオ
 
スズキ目タイワンドジョウ亜目 タイワンドジョウ科 タイワンドジョウ属
カムルチー Channa argus Cantor
俗 称 ライギョ、チョウセンナマズ 雷魚
英 名 Chinese snake head(中国の雷魚)

 背鰭45~54軟条、臀鰭31~38軟条、全長30~100cm。

 頭は上から押しつぶされたような形をし、ひげはない。
背鰭や臀鰭は長い。
口は大きく、目のはるか後までさける。
背中は黄色味がかった黒青色。腹は白色。
 側線の上下に、2列に並ぶ角型の暗色斑がある。
 目からえらぶたにかけて、2本の黒い線が走る。
鰓の上側に上鰓器官と呼ぶ空気呼吸器官があり、水温が上がると主に空気呼吸をする。

 原産地はロシアのアムール川流域、中国や朝鮮半島。
日本には1920年頃、朝鮮から入ってきた。
今では、北海道~九州まで日本各地の水草の茂った浅い池や湖沼にすむ。
 平田の船川や松江の堀川でもよく見かけ、湖内でも泳いでいる。

 産卵期は水温が20~30℃になる5~8月。
水草の茂った、川の淀みなど流れのあまりない所に水草の茎や葉を水面に集めて直径1mくらいのドーナツ状の巣を作る。
その中で、晴天の夜明け前、雌が仰向けになり卵を産み、その後雄が仰向けになり放精する。
産卵は数回に分け行われ、雄雌共に、巣の中で卵や稚魚を守り、巣から離れてもしばらくは雄が守る。

 1年で25㎝、2年で35㎝、3年で45㎝、4年で50㎝になり2年で成熟する。
 肉食性で魚やカエルなどを下から襲う。

 白身で揚げ物や煮付けで旨い。 大陸ではスープの具や焼き魚にする。
しかし、顎口虫など寄生虫が多いので十分に加熱をしなくてはいけない。。
 タイワンドジョウ類は東南アジアでは、重要な淡水魚の一つ。
カムルチー
 
スズキ目 スズキ亜目 アジ科 ギンガメアジ属
ギンガメアジ Caranx sexfasciatus Quoy and Gaimard

漢字名  銀河目鰺
英 名 Bigeye trevally, Bigeye kingfish(大きな眼のアジの仲間)
Sixbanded trevally(6本の帯を持つアジの仲間)(幼若魚)

第1背鰭8棘 第2背鰭1棘19~22軟条 臀鰭2離棘、1棘14~17軟条
 全長40~60㎝。(最大90cm)

 体は長卵円形で、体高も高く、著しく側扁。
 胸部全域は鱗に被われ、鰓蓋上隅に瞳大の小黒斑がある。
上顎は狭い歯帯をなすが、下顎歯は1列で前方の歯は大きい。舌にも歯がある。
臀鰭前方に離棘が2本あり、臀鰭前軟条は鎌状に伸びる。側線は胸鰭上方強く湾曲。
成魚は体全体が銀白色で背中はやや褐色を帯び、腹面は淡色をしている。
体側に黒色点は散在しない。第2背鰭の先端は白く尾鰭の外縁は黒い。
眼は大きく、吻は短い。
 若魚には、体側に6本の黒色の横帯があるが、成長すると消えてしまう。

 側線直走部の盾鱗(ぜんご)の数は、個。

 産卵期は4~5月である。

 本州中部以南オーストラリア、インド洋の温暖域に分布し、内湾やさんご礁などの沿岸域に生息。
 幼若魚は内湾や汽水域にも多く、高知県四万十川では、数10km以上も溯上することがある。
 小魚、浮遊性のおきあみ・あみ類、いか類、底生性の小エビ、かに、貝類などを食べる。

 肉はよくしまっていて刺身などで食す。小型のものは塩焼きや煮付けなどで美味。
   
ギンガメアジ
 

フグ・カレイのなかま

フグ・カレイのなかま
 
フグ目     フグ科    トラフグ属

全長30~50cm(75cm)
  
背鰭は黒色、胸鰭は白色、臀鰭は白~紅色。(カラスは臀鰭が黒色)

室蘭以南の日本各地、琉球列島、東シナ海、黄海に分布。

春の産卵期には接岸するが、夏~秋にかけては、沖合の底層を回遊する。

幼魚は川を上り、若魚は、内湾や沿岸の遠浅の砂泥底に住むので幼魚や未成魚は、中海では普通に、宍道湖でも時折見かける。

適水温は16~23℃で、15℃で摂餌しなくなり、10℃になると砂に潜る。

雌は45㎝(3才魚)、雄は35㎝(2才魚)で成熟し始める。

産卵期は3~6月で、流れの速い水深20m程度の砂利底に産卵床を作り、沈性粘着卵を産む。 卵は水温15~19℃だと10日で孵化する。

稚魚期は動物プランクトンを餌にするが、歯がくちばし状になると、ゴカイ、甲殻類等の底性動物や魚類を食べる。

卵巣・肝臓は強毒、腸は弱毒、肉・皮・精巣・血液は無毒。

フグ類中最上級とされ、刺身、ちり鍋、唐揚げ、みそ汁、などで食す。

鰭は干して鰭酒に、白子(精巣)は塩焼きや鍋物の具に、皮は湯引きや煮こごりなどで賞味される。

漁期は9~5月だが、産卵期には毒性も強まるので、旬は冬の11~2月。ふぐ提灯の材料にもする。
トラフグ
宍道湖漁業協同組合
〒690-0049
島根県松江市袖師町6-9
TEL.0852-21-3391
FAX.0852-31-1837

───────────────
258759
<<宍道湖漁業協同組合>> 〒690-0049 島根県松江市袖師町6-9 TEL:0852-21-3391 FAX:0852-31-1837