本文へ移動

ブログ 宍道湖日記

水草に関する会議が開催されました(新聞記事より)

2014-07-02
国・県・市の水草問題の担当者会が開催されました。
記事を見ると、今年の水草が昨年に比べて少ないイメージを持ちますが、この水草の話は昨年の話で、今年の話題ではありません。
 
現状は水草や藻類の繁茂も昨年に比べて多い印象を受けています。
これらは、やがて枯れて腐っていき、腐ると湖底に住むシジミが死んでしまいます。
漁師さんたちも操業が休みの水曜日などに回収を行っていますが、とってもとっても追いつかない状況です。
繁茂がひどいところでは、水面に浮き上がり写真3のように陸地のようになっていました。
藻刈船が準備されているようですが、早く稼働していただきたいものです。

浮葉植物のヒシが大発生しています(情報)

2014-06-30
宍道湖西岸の川で大発生(写真1)したヒシ(写真2)です。
固いトゲがあり、刺さると痛いヒシの実(写真3)から発芽しています。ヒシ本体の葉がスポンジ状に空気をためる構造なため、このように浮かび水面を覆うことができます。
この川では、エビやウナギなどの漁業がおこなわれていますが、この状況では船を出すことさえできません。
ヒシなどの浮葉植物が増殖しすぎて、水面を完全に覆ってしまうと、水面下が暗闇になり、酸欠になってしまうんだそうです。また、秋になるとこれらが一気に枯れて、底にたまり水質が悪化してしまいます。
地元の漁師さんたちで、道具を工夫しながら、人力で刈り出しを行っていますが、ヒシの増殖力を前になかなか追いつきそうにもない状況です。

宍道湖スズキの試食会が開催されました(新聞記事より)

2014-06-27
松江のNPO法人さんで、宍道湖産スズキの試食会が開催されました。
宍道湖の漁師さんが、スズキのしご(捌くこと)の仕方の講習もされたそうです。
淡白な魚なのでいろいろな味付けにあいますが、今回はしゃぶしゃぶで食べ、、皆さんから好評を得たようです。こうした活動を通して地元の食材や湖への愛着を深めていただけるとありがたく思います。
関係者の皆さま、お疲れ様でした。
 

しじみの体験学習を行いました(活動報告)

2014-06-26
水産庁の水産多面的事業発揮対策事業を活用して、漁協の青年部でしじみ漁の体験学習を行いました。
漁船十数隻でじょれんという漁具を利用し、持田小学校の44名の児童さんが漁業体験を行いました。
こうした活動は、持田小学校では今回が初めての活動だったそうです。
じょれんを介して、シジミを掻く振動や音が伝わり、普段はできない体験に児童のみなさんも大喜びでした。

しじみの採苗器の設置を行いました(活動報告)

2014-06-25
しじみの採苗器を設置した様子です。
宍道湖は今がシジミの産卵時期です。
この採苗事業は、宍道湖の湖心部にネットを吊るし、浮遊している幼生を採集して、その場で成長させ、秋に稚貝を浅場に放流する取り組みです。
宍道湖全体で今年は1200袋を設置しました。稚貝の確保に加え、その年の稚貝の状況を知る手掛かりともなっています。

HNKの番組で宍道湖が紹介されます。

2014-06-24
HNKの番組「フェイス」で宍道湖が紹介されます。
 
放送内容は下記のようです↓

島根県・宍道湖の名産シジミが激減。研究者が原因究明に取り組んでいる。中国から飛来するリンの影響や、湖の塩分濃度の変化により、生態系のバランスが崩れているという。研究を踏まえ、従来のように人の介入を抑制するのではなく、人の手を加えることで自然環境を守ろうという模索も始まった。番組では宍道湖の恵みがいかに微妙なバランスの上に成り立っているのかを伝え、それを守るために何が必要か、考える。

 
取材に際して漁協青年部の加茂会長さんが大変ご尽力されていました。本当にありがとうございました。

しじみの供養を行いました(活動報告)

2014-06-19
宍道湖西岸の出東地区でしじみの供養を行いました。
あらためて宍道湖の自然の恵みに感謝する一日となりました。

海難事故防止の講習会を行いました(活動報告)

2014-06-18
海上保安庁の方を講師にお招きして、海難事故防止の講習会を行いました。
講習を希望された地区の方約80名が参加をして、海難に関しての原因や対策などを事例を参考にご教示いただきました。
お話の中で、沿岸域情報提供システム(MICS)の紹介があり、気象情報や海上の状況をメールで自動配信しているサービスへの登録を呼びかけておられました。配信を希望される方は下記より登録を行ってください。

古江幼稚園でシジミの学習会を行いました(活動報告)

2014-06-17
松江市にある古江幼稚園で「シジミ参観日」という、シジミに関しての学習会が行われました。
地元の漁師さんからシジミについてのお話を聞いた後に、実際に宍道湖に入って、シジミ採りの体験も行いました。
参加した皆さんにとって、宍道湖にふれあっていただく、今後につながるいい機会になればと思います。

伊野いちが開催されます(新聞記事より)

2014-06-13
出雲市にある、伊野地区で「伊野いち」というイベントが開催されます。
伊野地区はシジミ漁をはじめ漁業の盛んな地区で、シジミ汁の提供も計画されているようです。
お近くの方は、ぜひ13・14日の両日、伊野いちにご参加ください。
宍道湖漁業協同組合
〒690-0049
島根県松江市袖師町6-9
TEL.0852-21-3391
FAX.0852-31-1837

───────────────
TOPへ戻る