本文へ移動

ブログ 宍道湖日記

フナの刺網漁のようす(漁業情報)

2014-02-04
宍道湖の冬の味覚の寒ブナ漁の様子です。
宍道湖のフナ刺網漁は2種類あり、それぞれ1枚網と3枚網といいます。1枚網は捕獲率が低い一方、1週間以上など長い期間仕掛けることができます。また、3枚網は捕獲率が1枚網に比べて上がる一方、ゴミが多くかかるため、仕掛けた次の日にはあげなければいけません。
今回は1枚網の漁に同行させていただきました。仕掛けられていた刺網を引き上げると、指先に手ごたえを感じ、しばらくすると1kg近くの大きなフナが姿を見せます。水中ではまだおとなしくしているですが、水面から離れ、船の中に取り込まれると激しく暴れだしました。
漁を終え帰港したたのちに、ご厚意で頂いたフナは刺身でおいしくいただき、アラは汁にしました。刺身作りが未熟な分アラ汁には身が多く入るので、おいしいアラ汁になりました。捨てるところのほとんどない寒ブナです。今シーズンぜひご賞味ください。
宍道湖漁業協同組合
〒690-0049
島根県松江市袖師町6-9
TEL.0852-21-3391
FAX.0852-31-1837

───────────────
TOPへ戻る