ブログ 宍道湖日記

 

放流親魚用ワカサギの採捕を行いました。(活動報告)

2013-11-20
ため池の池干し作業の様子です。
ワカサギは20年前までは300トンの水揚げがありましたが、その後漁獲が低迷し、近年は数十匹の漁獲があるのみで、減少には夏場の高水温の影響が指摘されています。ため池は水温が低いため、ここにワカサギを放流し、越夏させ、池干し作業に合わせて親魚用のワカサギとして採集しました。地元の皆さまたいへんお世話になりました。

平田船川の清掃活動を行いました(活動報告)

2013-11-19
出雲市を流れる平田船川の清掃活動を平田地区の漁業者で行いました。上流が堤防で閉め切られ、ヒシやヨシなどの水草が堆積しやすくなっており、数時間でたくさんのゴミを回収しました。

お忌さん荒れ(情報)

2013-11-19
荒れている宍道湖の様子です。昨日は松江で初雪が降り、宍道湖の水温も10℃近くまで下がりました。この時期の大荒れのことを、この地方では「お忌さん荒れ」と言っています(紹介のため、16日の新聞記事を添付します)
水温の低下とともに、シジミも徐々に潜りはじめて獲れにくくなり、魚もスズキ・コノシロなどの海産魚は中海に下り始め、宍道湖は冬を迎えます。

16日にシラウオ漁解禁の記事が掲載されました(新聞記事等)

2013-11-18

宍道湖のシラウオ漁本日解禁!(漁業情報)

2013-11-15
 
今日、宍道湖のシラウオ漁が解禁しました。
見た目では、例年の初日のものより大きな印象です(全長で7センチ程度)。漁期は定置網は3月31日、刺網は5月31日までで、年明け後シラウオ漁は本格化します。

ゴズ(マハゼ)刺網漁のようす(漁業情報)

2013-11-14
ゴズ(マハゼ)はこの地方の秋の味覚です。
写真は宍道湖~大橋川の刺網漁の様子で、明日、地元のNPO法人さんが学校での学習の際に、今日獲れたゴズたちを利用されるそうです。

変わったエビが獲れました!(生きもの紹介)

2013-11-14
松江しんじこ温泉沖の定置網に変わったエビが1尾獲れました。
図鑑で調べてみると、「ウシエビ」という和名のエビのようで、スーパーに出ているブラックタイガーと同じものなんだそうです。
南方系の種類のようですが、珍しいエビに出会うことができました。

宍道湖の清掃活動をおこないました。(活動報告)

2013-11-12
水産庁の水産多面的機能発揮対策事業の中で、宍道湖の清掃活動を行いました。
川の河口では、湖底に落ち葉や枯れたヨシが大量に堆積しており、
その場所を、目合いを大きくし、シジミが入らないジョレンで回収しました。
その他の場所でも、枯れた水草の除去や藻類の除去を行いました。

山陰中央新報に覆砂の記事が掲載されました。(新聞記事等)

2013-11-07
11月7日付の山陰中央新報に覆砂の記事が掲載されました。
シジミが多く着底し、試験でいい結果が得られることを期待したいと思います。

湖底を覆う藻類の除去や湖底を耕す活動を行っています。(活動報告)

2013-11-05
宍道湖のマンガ引きを行いました。宍道湖東部地区の蜆部会では地区ごとの輪番制で、湖底を覆うシオグサ(藻類)の除去や湖底を耕すためのマンガ引きを6月~11月の間、火曜と土曜に行っています。
宍道湖漁業協同組合
〒690-0049
島根県松江市袖師町6-9
TEL.0852-21-3391
FAX.0852-31-1837

───────────────